緑内障について

MENU

視野が狭くなる目の病気「緑内障」についてご説明しています。

緑内障は決して珍しい目の病気ではありません。他人事と思わずに緑内障についてしっかり知識をもっておくことで、未然に防止することが可能になります。当サイトでは緑内障について詳しくご説明していきますので、どうぞご参考にしてください。

 

緑内障とは

「白内障なら知っているけど、緑もあるの?」という人も結構いるようですが、緑内障は、40歳以上の人の約20人に1人が罹っていて、推定患者数は約200万人、潜在患者も含めると約500万人と考えられています。

 

決して珍しい病気ではありません。

 

緑内障になると視神経が障害されて、視野の中に見えない部分ができて、それが徐々に広がって行きます。

 

視野が欠けても、気づかないケースや不便を感じることなく生活しているケースも少なくありません。

 

それは、片側の目で視野が欠けても健康なもう一方の目が不便のないように補ってくれるからです。また、少しの欠損であれば、脳が欠けた部分を補って正しくみえるように調整しているからです。

 

人の目の角膜と水晶体のすき間には、房水という液体が満たされています。この房水は、眼圧を正常に保つ働きを担っています。

 

房水の作られる量と排出される量が等しいと、適切な眼圧が保たれます。

 

眼圧は、眼球がきれいな形を保つために必要な圧力で、眼圧が上昇すると視神経が障害されます。

 

緑内障には、3つのタイプがあります。

 

  • 目の中の隅角(ぐうかく)と言う部分が閉じていて、眼圧が高いタイプ
  • 隅角は開いているけれど隅角付近の組織が目詰まりしていて眼圧が高いタイプ
  • 隅角は開いていて眼圧も正常なタイプ

 

日本人は3番目の眼圧が正常なタイプが、約7割を占めています。

 

眼科では、視力検査や眼圧検査、眼底検査、隅角の検査、視野検査などを行って、緑内障になっていないかどうか、調べます。

 

緑内障の治療は、点眼薬、レーザー治療、手術の3つが柱となります。
点眼薬で眼圧を下げることが、視野を保つために有効であることが確認されていて、失明を回避できることが大半です。

 

早期に発見してきちんと治療を受けて、失明を回避しましょう。

緑内障の主な症状

進行しないと日常生活に不便を感じることもなく、自覚症状に乏しいことが、緑内障の特徴です。

 

多くの人は、健康診断や人間ドックで眼科検診を受けて異常を発見され、詳しい検査で緑内障が発覚するというケースが大半です。

 

テレビを見ている時に右目が痒くなったので、片目をつぶってこすっていたら、テレビ画面の真ん中だけ少し欠けている部分があって、「あれっ?」と一瞬思ったけど、目をこすり終わって両目で画面を見たら、ちゃんと見えた、といった例は、おそらく緑内障の症状でしょう。

 

視野が欠けるというのが、緑内障の症状の特徴です。

 

急激に眼圧が上がった場合は、頭痛や吐き気や目が痛いなどの自覚症状を訴えることがありますが、頻度としてはまれです。

 

日本人の緑内障は急性発症することは少なく、多くは慢性的にジワジワと視神経が痛んで行き、視野の欠損が徐々に広がっていくタイプです。

 

定期的に眼科検診を受けていないと気づかないことが大半です。

 

しかし、会社の健康診断や人間ドックで視力や眼圧を調べていても、それだけですべての緑内障をキャッチすることは難しいです。

 

視力が低下するのは、緑内障がかなり進行した段階ですし、日本人の緑内障の多くは眼圧が正常なタイプだからです。

 

40歳を過ぎたら、内科の医師だけではなく眼科にもなんでも相談できる医師を作っておき、1年に1回くらいは眼底検査や視野検査を受けると良いでしょう。

 

しかし、片目で見ると視野が欠けていても両目で見ると正常にちゃんと見えるので、「目をこすったからだろう」「片目で見たからだろう」とスルーしてしまう人が多く、気づきにくいことが、緑内障の怖い所でもあります。

 

また、少しの視野の欠損の場合は脳が欠損部分を補って、正常に見えるように調整してくれていrこともあります。

緑内障では、毎日の生活でこんな不便や不都合が生じます

前述したように、緑内障は自覚症状が乏しく進行するまで気づかないケースが多いという特徴があります。

 

そのため、日常生活でもたいして不便を感じることなく送っていた、と答える人が大半です。

 

進行してくると、視野の一部が欠けるため、信号が見えにくいなどの支障が出てきます。

 

しかし、一瞬「赤信号が見えにくいな」と思っても、人間の体は上手くできていて、無意識のうちに素早く顔を横にずらして、青信号を見えやすく調整しています。

 

こうして、症状は進行しているのに体が調整してくれて、それほど不便や不都合を感じることなく過ごしている人が大半です。

 

そしていよいよ進行してきて視野の欠損部分が広がっていくと、人の顔に雲がかかっている様に見えたり、信号が全く分からなくなったりして、初めて眼科を訪れる、という人が少なくありません。

 

治療では、点眼薬はほぼ必須です。

 

医師の指示通りに点眼することに、煩わしさを感じている人が多いのが、現状です。

 

プロスタグランジン関連薬と呼ばれる点眼薬には、まつげが長くなるという副作用があり、女性の患者さんには喜ばれますが、目の周囲の皮膚が黒ずんだり、目がへこむなどの副作用もあります。

 

交感神経β遮断薬と言う種類の目薬は、息切れや息苦しさと言った副作用が出ることがあります。

 

2種類以上の点眼薬を使っている人は、5分以上の間隔をあけて点眼するように指示されます。しかし、「目薬Aを点眼して、何か用事をしているとそのまま忘れてしまうことが多い」とか、3種類使っている人は、「Aを点眼して5分後にBを点眼して、また5分後に点眼しようと思ったら、残り1つはどれだったのか判らなくなる」などと、点眼のわずらわしさを話されます。

 

失明を予防するには、点眼薬は欠かせないのですが、「面倒だ」というのが本音のようです。

緑内障を予防するための行い

緑内障の原因には遺伝や喫煙、加齢、ストレス、糖尿病や高血圧などの生活習慣病などがあげられます。
糖尿病や高血圧を持っている人は、これらを上手にコントロールすることが緑内障の予防にも繋がります。

 

また、以下のことは眼圧を高める原因になるので、注意しましょう。長時間のうつむき作業は眼圧を高めます。現代っ子はスマホで長時間うつむいていますが、将来の緑内障の予防の観点からは、眼科医の顔がこわばってしまいます。

 

首を強く締め付けるネクタイもお勧めできません。また大量のカフェインも眼圧を高める原因となります。

 

ステロイド薬の長期服用や大量服用は眼圧を高めますので、定期的な眼科受診が不可欠です。その他、睡眠薬や抗うつ薬の中にも、眼圧を高める物があるので注意が必要です。

 

予防のためにサプリメントはどうでしょうか。

 

ブルーベリーやカシスに含まれるアントシアニン成分が緑内障のリスクを軽減するという報告もありますが、まだ科学的なエビデンスは証明されていません。

 

しかし、昔から「イワシの頭も信心から」と言われるように、「効く」と信じて使用すればストレスが軽減して症状が良くなることがあります。

 

「プラセボ」と言って、強い痛みを訴える患者さんにその患者さんが一番信頼している医師が「良いく効く鎮痛剤だから」と、鎮痛効果が全くないビタミン剤などを服用させると痛みが和らぐことが判っています。これを医学的には「プラセボ効果」と呼んでいます。

 

サプリメントの多くはこの「プラセボ効果」によるものが大きいという見解もあります。

 

サプリメントは医薬品ではなく食品なので、病気を治すということは期待できないでしょう。
しかし、サプリメントとは「補う」と言う意味で、普段の食生活では不足しがちなものを補うことは可能です。

 

アントシアニンを補うことで、視神経の損傷が広がらない様にするのをいくらか補い、緑内障を予防することは可能でしょう。

緑内障の進行を遅らせるためにルテインを摂りましょう。

緑内障を治療するには、医療機関で医師の指示を守って点眼を行ったり、時にはレーザー治療や手術が必要になることもあります。
隅角が閉塞しているタイプの緑内障では手術が優先されるケースもあります。

 

最も重要なのは点眼薬です。

 

しかし、医療機関で行う治療以外にもできることはやりたい、とい人も少なくないでしょう。

 

そのような人は、医師と相談したうえでサプリメントを使うことも1つの方法です。

 

医師に相談したら、「そんなものはたいした効果はないよ。お金の無駄だよ、と言われるに決まっている」と思う人も多いようですが、やはり内緒で使うというのはストレスになります。

 

そのストレスが、病状を悪くすることもあるので、医師に相談してから使うことをお勧めします。

 

サプリメントは、肝臓や腎臓を通るので、すでに多くの薬剤を服用している人にとっては、ますます内臓に負担をかけることになる場合もあります。
食品として扱われていますが、日常の食事ではとれないくらいの量を摂っているのだという点は心得ておきましょう。

 

病態によっては、サプリメントの使用が適さないこともありますので、思わぬ事態を防ぐためにも医師と相談して良質のサプリメントを選びましょう。

 

近年は、医師の間でもサプリメントに関心のある人が増えています。また管理薬剤師の中にはサプリメントアドバイザーの有資格者も増えました。

 

医師が「サプリメントならあのメーカーが良いよ」などとアドバイスをすることや、「管理薬剤師さんに相談したら」とアドバイスすることも増えました。

 

良質のサプリメントの1つに、「めなり」があります。

 

治療の補助として、使ってみるのも1つの方法でしょう。

 

サプリメントを使うことで気持ちに「安心感」が得られるのであれば、良質の物を使う価値はある、と言うのが多くの医師のサプリメントに対する見解です。

 

詳細はこちら→http://xn--q9j2b2a.net/